新着情報

NEWS

歩行解析デバイスAYUMI EYE medical の取扱いを始めました。

歩行解析デバイスAYUMI EYE medical の取扱いを始めました。

臨床現場に定量的な歩行評価

歩行解析デバイスAYUMI EYE medical とは?

3軸加速度センサーを搭載した小型モジュールを歩行者の第三腰椎に装着し、 6~10m歩行し取得したデータをiOSアプリで解析し、歩行機能をスコアリング・可視化します。

可視化されるデータは、歩行プロファイル、左右脚の接地時間などがあり、歩行機能を総合評価点数で表示します。

リハビリテーション治療効果の確認、歩行能力の把握、異常歩行の検出などに適しています。

 

「神経麻酔分野」誤接続防止コネクタ製品について。

弊社取り扱い神経麻酔分野製品の国際規格(ISO 80369-6)適合品への切り替えに関し、

商品の入荷予定が10月初旬~10月中旬となります。

お客様への製品のご提供は、10月中旬~10月末日を予定しております。

 

規格対応等によるコスト上昇を抑えきれず、不本意ながら一部商品の価格改定をさせて

頂きます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒事情ご賢察の上、ご理解賜わりますようお願い

申しあげます。

 

旧商品名(新商品名)                                             旧型番      新型番        定価

Epimed RX硬膜外針(同左)                                                    105-1516  →  108-1516  13%値上げ

スティングレイ カテーテルコネクタ(NEXUSコネクタ)    1911-321  →  1911-421  20%値上げ

スティングレイ カテーテルコネクタ(NEXUSコネクタ)    1911-319  →  1911-419  20%値上げ

 

他詳細事項は、下記までお問合せお願い致します。

 

東京医研株式会社 営業部 担当:滑川

〒113-0034東京都文京区湯島2-27-2 TEL03-5807-3011

動物用光線治療器の新製品を発売しました。

動物用光線治療器の新製品を発売しました。

高性能動物用光線治療器 スーパーライザー LED Hyper

光源にLEDを採用し、最高出力5.0Wで「光の強度を十分に保ち生体深部に安全に照射」できる動物用光線治療器です。

LED光源をプローブに内蔵する事で本体の小型化を実現しました。

2チャンネル化した本体は、各チャンネル最高5.0Wの高出力で、近赤外線、赤色可視光、青色可視光でのMix治療が可能な光線治療器です。

詳しくは「製品紹介ページ」をご覧ください。

 

 

検査測定器センサー変更のお知らせ。

検査測定器センサー変更のお知らせ。

検査測定器「ボディーチェッカーNEO」と「APGハートレーターSA-3000PLUS」のセンサーが順次新型のセンサーに変更となります。

新型センサー(PPGセンサー)は測定者がより自然に装着し測定できるよう、形状を変更しました。