スーパーライザー

「スーパーライザー」は、1988年の発売開始から国内で累計25,000台、
海外で累計2,000台を超える機器が出荷されています。

superlizer PX

「スーパーライザー」は、1988年の発売開始から国内で累計25,000台、海外で累計2,000台を超える機器が出荷されています。
25年間に数回の改良とモデルチェンジを実施し、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に連続パルス照射が可能なSUPERLIZER-PXに進化し、その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、さまざまな医療現場で幅広く利用されています。
生体深達性の高い波長帯だけを光学フィルターで取り出し、光線治療器として理想的な構造をしており、半導体レーザーのような単一波長ではなく、幅広い波長帯を有する複合波長であるため、深い患部まで到達し、心地良い温感とともに複数の波長帯に係る生体効果が期待できます。

照射例

  • 照射例
  • 照射例
  • 照射例

目的に応じて選択ができ、さまざまな部位に効果的な照射が行える5種類の先端ユニットを取り揃えています。
複雑な設定のいらないシンプルな操作で治療が行え、連続パルス照射により高出力で照射範囲が広いため、より簡単に近赤外線療法が行えるようになりました。
スーパーライザーPXはパルス照射のため、心地良い温感以上に皮膚温度が上昇することがなく、万一の場合に備え、自動制御装置を内蔵しています。

「スーパーライザー」は、1988年の発売開始から国内で累計25,000台、海外で累計2,000台を超える
機器を出荷しています。

PAGE TOP