製品紹介

光線治療器

「スーパーライザー」は、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器で、その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、さまざまな医療現場で幅広く利用されています。
生体深達性の高い波長帯だけを光学フィルターで取り出し、光線治療器として理想的な構造をしており半導体レーザーのような単一波長ではなく、幅広い波長帯を有する複合波長であるため、深い患部まで確実に到達し、心地よい温感とともに複数の波長帯に係る生体効果が期待できます。
高出力「スーパーライザーPXシリーズ」と普及タイプ「スーパーライザーHA-2200シリーズ」の2機種4製品をご用意しております。

スーパーライザーPXシリーズ 医療機器認証番号:221AGBZX00064000

スーパーライザーPXシリーズは当社の技術力を結集し性能をさらに高めた製品で、高出力パルス照射を採用しより優れた治療効果とより高い安全性を両立させた光線治療器の進化型です。

パルス照射方式を採用する事で従来機種10分間の照射熱量を3分間で得られ、高出力を実現し生体深達性をさらに高め治療時間短縮を可能にしました。

パルス照射のため、心地よい温熱感以上に皮膚温度が上昇する心配がありません。また万一の場合に備え自動制御装置を内蔵しています。
高出力で高い治療効果を発揮するシングルファイバータイプのPXタイプ1、同時に2ヶ所の照射が可能なダブルファイバータイプのPXタイプ2、医療現場のニーズにお応えする2機種をご用意し、治療目的に応じて選べる5種類のユニットをご提供しています。

クラス分類 Ⅱ管理医療機器

  • カタログを見る
  • この商品についてのお問い合わせる
HA-2200LEシリーズ 医療機器認証番号:21300BZZ00154000

HA-2200LEシリーズは、場所を取らないコンパクト設計で最高2200mWを出力し見やすくレイアウトされた大型LEDディスプレイ表示を採用、ダイヤル方式で操作も簡単です。
照射モードは、従来の連続モード、サイクルモードに加え、パワーミックスモード、タイムミックスモードの4種類から選択できます。
本体はワゴンから取り外し可能で、往診などのさいに持ち運びが可能です。
安全性への配慮として、ひとつの部位に過度の照射をしてしまうような事故を防ぐため、セイフティーモードを設けました。モードをONにすると照射状態が自動的に出力60%、1秒ON4秒OFFの設定になます。また万一の場合、患者の方が照射を停止できる患者用緊急停止スイッチと設定変更を防ぐ設定変更禁止スイッチを装備しました。
1部位照射のタイプ1、2部位同時照射のタイプ2、治療目的に応じて選べる4種類のユニットを提供しています。

クラス分類 Ⅱ管理医療機器

  • カタログを見る
  • この商品についてのお問い合わせる
PAGE TOP